« イエス・キリストを救い主として受け入れた方へ | トップページ | 善と悪 »

STRANGEDAWN

『ストレンジドーン』というアニメを観る機会を得たので、その感想というか、この作品のテーマとラストの意味について思うところを書いておく。

この作品を知ったのは、美夜川はじめが好きだった2009年頃の話である(美夜川はじめのコミカライズ版を目にする機会は結局なかったけれど)。その頃はまだ公式サイトが残っていて、見て「なにこれ?」と思ったものである。

ネット上の評判も、あまりよくないように思えたのである。こんな、こんな素晴らしい作品だとは、想像もしなかったのである。

もしぼくに絵が描けたら、残りの人生を『ストレンジドーン』の二次創作に蕩尽してたんじゃないか。ユコとマニの絵を描くことに自分の時間のすべてを使い果たしていたんじゃないか。そして、ユコの「うすい本」とか大量に作ってたんじゃないか。「靴下を脱いで水鏡に写った自分の姿を見て泣くマニ」の絵とか、いますぐにでも描いてみたいけれど。

*

「当事者性のない人間は何も解決できない」という話である。

アリラはシャルが何気なく話したベルゼーグルの窮状に心を痛め、自分に何ができるだろうと考えて魔法の力で魔人(ベルゼーグルの人々が信仰していた)を呼び出す。だがアリラは「どうやって魔人にベルゼーグルを救ってもらうか」については何の目論見もなかった。

「だから」、と言うべきである。だから、呼び出された二人の「魔人」、宮部ユコと夏野エリは、ベルゼーグルの過酷な現実を前にしても、いったい自分たちが何をすべきか、さっぱり分からなかったのである。ここで、ベルゼーグルの現実に対するアリラの「当事者性のなさ」と宮部さん・夏野さんの「当事者性のなさ」は入れ子というか因果関係にある。アリラの使った魔法の力はユコとエリに対して「戦いを終わらせろ」「関わるな」と二つの矛盾した呼びかけをするが、それはユコとエリを呼び出したアリラの心の中に「魔人には戦いを終わらせることができるはずだ」という確信がなかったからだろう。

*

ベルゼーグルの現実はどんどん過酷さを増し人々は血を流し命を落とし村は焦土と化すが、宮部さんと夏野さんはどうあっても当事者性を獲得できない。傍観者に徹しようと決めたわけでも、ただひたすら元の世界に帰ることだけを願ったわけでもないのだが、とにかくユコとエリは当事者性を獲得できない。なぜなのか、どうすればいいのか、を考えることに意味はあると思うのだけれど、つきつめて考えれば、二人を呼び出したアリラにベルゼーグルの現実に対する当事者性がなかったから、としか言いようがない。魔法という大きな力を、アリラがまちがった方法で使ってしまったから、としか言いようがない。「ユコとエリのせいじゃない」、という言い方に釈然としない人たちはいると思うのだが、ぼくは思うのだ、人間が実際に生きることのできるコンテキストというのは限られている、と。アリラがアリラ自身のコンテキストから離れて生きることができなかったように、宮部さんと夏野さんも自分たち自身のコンテキストから隔絶したベルゼーグルでそれこそ「魔人として」大活躍できるものではない。それを求めるのは、リアルな人間にとっては酷な話だ。この物語がていねいに描き出しているのは、その「リアルさ」だ。

*

ではどうすればいいのか。「ベルゼーグルのために」というのではなく、宮部さんと夏野さんは、「いま」どうすればいいのか。

「私たち自身にとって当事者性とは何か。」ベルゼーグルの現実に対する当事者性は獲得できないとして、じゃあ自分たち自身が現に獲得している当事者性、自分たち自身が現に受け入れて生きているコンテキストとは、その上に確立された当事者性とは何なのか、という問いに、ユコとエリは戻っていくしかなかったし、そのことを認めることは、やっぱり自分たちは元の世界に戻るしかない、ひとときなりとも一緒に生きたベルゼーグルの人たちを捨てることになるかもしれないけれど、やっぱり私たちは私たち自身の当事者性が確立された世界に戻っていくしかない、ということを認めることでもあった。

今まで意識したことのなかった、自分たち自身の当事者性。「ベルゼーグルの現実に対する当事者性を獲得できなかった」という後ろめたさを超えて、ユコとエリはそれこそ「絶叫する」のだ、「自分たち自身の当事者性とは何か」という問いの答を、神殿の石組を崩しながら。

するとそこに、アリラが現れて二人を元の世界に戻す。ユコとエリに向かって、二人が何かを解決・達成してくれたことに満足し安堵したような微笑を浮かべながら。

……? アリラは、「魔人さま」を呼び出したことを通して、最終的に何を達成したというのだろう?「魔人さま」はベルゼーグルを救えなかったというのに。

*

最終話の冒頭で、アリラの独白がある。そこで彼女が言うのは、彼女が魔人を呼び出したのは、シャルの涙と血が流れることを止めたかったからだ、ということだ。

ユコとエリが自分たち自身の当事者性に立ち返ったとき、アリラもまた、自分自身の当事者性に立ち返ることができた、そういうことだろう。ではその当事者性って、何なのか。

アリラは、シャルが好きだった、ということだ。

アリラは、ベルゼーグルのために心を痛めたわけではなかったのだ。アリラはただ、ベルゼーグルの窮状を語るシャルの曇った顔に心を痛めた、ただそれだけのことだったのだ。

「それだけのこと」でよかったの。

アリラが自分自身の当事者性を獲得して、この物語は終わる。最後の最後がレビアンの弔いなのも、やっぱり当事者性の問題だ。「ひとは、自分の当事者性の中で生き、そして死んでいくしかないのだ」ということだ。

*

『ストレンジドーン』というアニメが「当事者性」という問題をテーマにしたこと(意図してであれ結果的にであれ)をどのような文脈の中で理解すべきなのか、西暦2000年という公開年をどう理解するのか、あるいは前後するアニメ作品との関係をどう読み解くのか、といったことはぼくの手には余る。

ただ、このアニメを2016年のいま観て「この作品のテーマは当事者性なのだ」とぼくが思う、というのは、この作品が公開されてから今に至るまでの時間の流れの中で、いろんな方々がさまざまな方法で「当事者性」という問題を考え続けてきた、その恩恵によるのだと思うし、そう考えたときあえて指摘しておきたいのは、このアニメが扱っているのは、「当事者性」という問題の「出発点」だということである。「ユコとエリはいかにしてベルゼーグルの窮状に対する『当事者性』を獲得するか」という問いに答えることに、この作品は失敗しているけれど、その失敗を非常にリアルに描くこと(「すでに獲得した自分自身の当事者性に戻っていくしかない」というラストも含めて)には大成功していて、それがこの作品の価値であり魅力である。そういう「当事者性」という問題の「出発点」を描いた作品をいま非常に魅力的で興味深い作品として観ることができるのは、ぼく自身がというよりも時代が、さまざまな契機を経て、「当事者性」という問題を深く掘り下げてきたからなのだろう。

*

「当事者性」という言葉以前に、いわば「流行った」言葉として、「共感」という言葉があったように思う。「共感」を通して人々がさまざまな問題にコミットすることで問題は解決されていくのだ、というイメージだろう。

たぶんいま、社会問題を考える上で、そんな甘っちょろいことを言う人はいないだろうと思う。当事者性を欠いたところで共感だけで、たとえばエリがベルゼーグルのために何かができただろうか?「当事者性を欠いているところで共感だけが機能することはない」、たとえばそういうことをリアルに描いてみせるだけでも、この作品が公開された当時は意味があったのではないか。

(2016年12月)

« イエス・キリストを救い主として受け入れた方へ | トップページ | 善と悪 »

マンガ以外」カテゴリの記事